FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

小児救急電話相談 #8000 をご存知ですか?

こんばんは、たんぽぽねこです。

先日、こんな記事を見つけたのでご紹介します。

小児救急電話♯8000、9割が認知せず

#8000は小児向けの救急電話です。
全国共通、#8000でお住まいの都道府県の窓口に
自動転送される仕組みになっています。
ただし、時間帯は各自治体に寄って変わってくるので
ここだけが要注意です。
詳細は↓の厚生労働省のホームページまで。

厚生労働省 小児救急電話相談事業(#8000)について

私の住んでいる地域では、平日は19:00~23:00、
日曜・祝日は9:00~23:00の間です。
主に、小児科診療終了後~小児救急夜間輪番
病院の体制が整う?までの時間に利用できます。

急病の子供を受診させた方がいいのか、それとも
朝まで様子を見ればいいのか、判断が付かない時、
電話で相談にのってくれます。
必要があれば、その日の当番医を紹介してくれます。


ちなみに我が家も利用した事が1回だけあります。
まだ娘が1歳くらいの頃、寝る直前に娘がシリカゲル
を数粒を飲みこんでしまった時、です。

シリカゲルが何でこんなところに!(焦)と驚いたけど、
かかりつけの小児科はもう終了。
どこかに相談するところはなかったっけ?と焦っていた
時、母子手帳に挟んであったこの救急電話相談の
用紙を思いだして、直ぐに電話しました。

飲み込んだシリカゲルの成分が何か分からないので、
形や色などを話したところ、それなら心配ないですよ、
と教えて貰って、非常に助かりました。

直ぐに吐き出した方がいいのか、このまま様子見でも
いいのかは、シリカゲルの種類によっても違いますしね。

他にも急に熱が出たり、けいれんを起こしたり…と症状
も様々ですが、↓のページでは気になる症状を選ぶと
病院へ行った方がいいかどうかの簡単なテストも付いて
いるので、参考になります。

小児救急電話相談 #8000

テストで出ている症状にチェックを入れて結果を見ると、
病院へ行った方がいいかどうかの判定が出ます。
また、持って行った方がいいものや、行く際の注意点、
医者に伝える事なども一緒に表示されます。
慌ててパニックになっている時でも、これを見れば何を
どうすればいいのか書かれているので、かなり役に立つと
思います。

勿論、このテストが全てではないので、やっぱりおかしい、
と思う場合は受診する事も大切です。

でも、迷っている時には相談に乗ってくれるので、いざと
言う時にはとても便利です。

慌てて動揺している時には、直ぐに思い付かないかも
しれませんが、電話に登録して置いたり、壁に番号を
書いて貼っておけば、緊急時にお子さんを守る為に
役に立ちます。

我が家では、リビングの入り口横の壁(電気のスイッチ
などがある場所)に、市から貰ったチラシを貼ってあります。
普段から目に付く場所に貼っておけば、いざという時にも
直ぐに思いだせますからね。

小児救急電話相談 #8000のホームページをお気に入りに
登録しておけば、いざという時に探す手間も減るので、
素早く子供さんの急病にも対処出来ます。

子供って急に熱を出したり、目を離した隙に転んだりと、
予想外の事が起きる事も多いですね。
そんな時は、この電話番号(#8000)とホームページ
を参考にして、迅速かつ的確に対処しましょう。

多分、母子手帳を貰った時や母親教室、出産時などに、
市からチラシを貰ってると思います。
我が家も事あるごとに貰ってたので、同じチラシ何枚も
ありましたから。

なくても小児科などにリーフレットがありそうなので、
もし手元になければ是非1部は保存しておきましょう。
いざという時は突然に、しかも余裕なく襲ってきます。
大事なお子さんの為にも、緊急時に役に立ちそうな物は
出来るだけ集めましょう。



励みになりますので、よかったら押して下さい。



にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ

blogramで人気ブログを分析


関連記事


病気や体調に関する事 | 【2014-09-18(Thu) 21:08:49】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。