FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ダレ・ダレ・ダレダ (講談社の創作絵本)

こんばんは、たんぽぽねこです。

先週、風邪をひいてしまって寝込んでいました。

風邪ひいた原因は…ずばり我が娘。

寝ている間に人の布団にもぐりこんで来て布団を
占領して寝ていた娘…
気が付けば掛け布団も奪われて、何も被らずに
寝ていたのが原因です…(汗)

それでも、娘が風邪ひくよりはマシだからなぁ…と
思っちゃう辺り、私もしっかり母親何だなぁ…と実感。

何だかんだ言って、やっぱり我が子は可愛いですね。


さて、その娘が保育園で借りて来て、予想外に
気に入った絵本があったのでご紹介します。
それが↓の絵本です。

ダレ・ダレ・ダレダ (講談社の創作絵本)



月夜の晩に、動物たちが「私は誰でしょう?」と
問いかけて来て、それを当てる絵本です。

青い月夜に色んな動物たちのシルエットが浮かび
あがって、それぞれの動物たちが自分の特徴を
言いながら私は誰?と尋ねて来ます。

これだけなら、2~3歳くらいの幼児向かな?と思う
んですが、この絵本、対象年齢はちょっと高めですね。

メジャーなゾウやキリンは3歳の娘でも分かりますが、
中にはリアルな感じのタコや、4種類の大型ネコ科の
動物が出てきます。
さすがに、うちの娘は分かりませんでした。

大人でも、巻末の答えを見なきゃ、どっちかなぁ…と
迷うくらいなので、対象としては早くても4~5歳くらい
かな?という感じですね。

娘としては、表紙が↓のよるくまに似ているので、
どうやらよるくまが出てくる本だと思ったみたいです。

087-1.jpg

確かに、ぱっと見た感じ、よく似ていますね…(笑)

でも、中身は全くの別物です。
よるくまは絵も可愛らしく、文章も少なめですが、
このダレ・ダレ・ダレダは絵もよりリアルです。
文章(セリフ)も長くて、それぞれに話言葉が違って
いて、関西弁まであります。
丁寧な物言いから自虐的な物まであって、どちらかと
言うと、大人が読んだ方が楽しめるかも。

娘も最初は嬉々として開きましたが…
ページによっては怖い~~と言う事も…(汗)

可愛い絵を期待していたギャップもあるんでしょうが、
リアルな絵と夜の暗さを連想させる色使いが、最近
暗いの怖いと言い出した娘には怖く映るみたいです。

なので、読み聞かせるならもう少し大きくなってから
の方がいいかな。
むしろ、私の方が面白いな~と見入っちゃう絵でした。

もし読み聞かせるなら年長さん以上かなぁ…
まだ年長さんってどんな感じが、ピンと来ないので
はっきりとは言えませんが…

絵本には対象年齢は書いてなかったけど、あんまり
小さい子が見ても楽しめないかなぁ…と感じました。
未満児には、ちょっと敷居が高かったですね。


<追記> 2015/2/10

どういう訳かまた保育園から借りて来ました。
そして、今度はこればっかり読んで…と。
最初に興味が持てなくても、二度目は分からないもの
なんだな~としみじみ感じさせられました。

ちなみに理由を聞いたら、前は怖かった、だそうで…
今度は大丈夫だった理由は全く不明です。


◆◆総評◆◆

親の評価     ★★★★☆ 4点
娘の食いつき度 ★★☆☆☆ 2点
借りて来た時期  3歳1ヶ月
使用期間      3歳1ヶ月~次に読むのは年長?




励みになりますので、よかったら押して下さい。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ


関連記事


本・絵本 | 【2014-10-27(Mon) 22:26:58】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。