FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

子供の不調にも足湯がお勧め

こんばんは、たんぽぽねこです。

先月の体調不良ですが…

今度は主人も風邪をひいてしまい、現在我が家は
両親が揃って風邪ひき中です。

それに伴ってなのか、娘も鼻水小僧状態。
毎日市販の鼻炎薬を飲んでいますが、効果はと
言うと結構微妙…

幸い、中耳炎になり易い娘も、3歳になって体力が
ついたのか、今のところ中耳炎にはなっていません。
でも、とうとう黄色い鼻水が出て来たので、そろそろ
耳鼻科かなぁ…とは思うんですが…

実は市内の2つ隣の学区では、インフルエンザの
衆参感染で、早くも学級閉鎖です。

こうなってくると…
悩むんですよねぇ…病院行くのも…

まだはっきりとした症状がないのに病院に行って、
余計な物(インフルエンザとか)を貰ってくると言う
のもいかがなものかと…

実際、昨年私は肺炎で点滴通院中、インフルエン
を貰って、娘にもうつしてしまった前科もあって…

3歳になれば言葉も達者になって、○○が痛いと
はっきり言えるようになったので、今は様子見です。
痛くなれば、機嫌が悪くなるのでわかり易いし。
最近は、保育園でオムツからパンツに変わって、
本人自身がついたのかやけにご機嫌なので、まだ
中耳炎の兆候もありません。


と言う訳で、今は下記の3点で乗り切っています。

042-6.jpg

【電動吸引器】パワースマイルKS-700
【指定第2類医薬品】キッズバファリン鼻炎シロップS
【大正製薬】ヴィックス ヴェポラッブ

一番上のキッズバファリンの鼻炎薬以外は、現在
親も愛用中です。
特に鼻水と鼻詰まりの時は、吸引機とヴェポラッブは
重宝しますね。

吸引機も電動に慣れると、手放せません。
口で吸うタイプなんて、自分も風邪をひく一因になる
ので、今では怖くて使えませんね。
個人的には、もう少しパワーが欲しいかなぁ…と思う
んですが、子供も使うとなると、これくらいが丁度いい
のかな?と言う感じです。

娘はまだ自分で十分に鼻をかむ事が出来ないので、
朝、登園前と寝る前の吸引は重要です。

特に寝る前。
鼻が詰まって口で息をすると、それで喉を傷めるので、
出来るだけ吸っています。
後は鼻炎薬飲ませてからヴェポラッブを塗って寝ると、
朝、かなり楽そうです。
これから乾燥しやすくなりますからね。
まだマスクして寝るのは難しいので、なるべく口呼吸
しなくて済むように気をつけています。

後はバスタオルを部屋に干して、加湿です。
最近は加湿器はカビの温床となると聞いたので、
あまり使っていません。
加湿器は、もっぱら空気清浄機能のみを使用です。



そして、個人的にお勧めなのが、「足湯」です。
最近では、親は勿論、娘にも足湯をさせています。

保育園では裸足で過ごすせいか、家でも靴下を
履いてくれないので、足が冷え切ってるなぁ~と
感じたら、足湯させるようにしました。

私が冷え症で、よく足湯をしているのですが、この
足湯は子供にも効果があるとの事。
早速試したところ、身体を温めて鼻水を減らす事が
出来たので、身体が冷えてる時や調子が悪そうな
時には、足湯をさせています。

やり方としては簡単です。

足のくるぶしが浸かる深さのお湯に、足をつけるだけ。

大人なら8~10分、幼児は5分くらい、赤ちゃんは2~3
分くらいが目安です。

この時、お湯の熱さは少し熱いくらいが丁度いいです。
最初は熱さに慣れていないので温めで始め、少しずつ
お湯を足して温度をあげて行きましょう。

上記の時間が経って、浸かっていた部分が赤くなったら
十分です。
もし片方しか赤くなっていなかったら、赤くなっていない
方を更に2~3分してあげて下さい。

やっている間から、コップ1杯の水(ぬるま湯でも可)
もチビチビとでいいので飲ませてあげて下さい。
足湯でも汗はかきますし、水を飲む事でより効果が
高まります。
水は井戸水の冷たさで、ジュースなんかはダメです。
ここはお水にして下さい。

この時、お湯を張るのは洗面器よりも安定感と深さの
あるバケツの方がいいです。
子供は勝手に動きますからね。
幼児には特に、安定感のある容器がいいです。
お湯に足をつけて、娘はイスに腰掛けさせています。

おもちゃや絵本は、濡らす心配があるし、水遊びを
始めてしまうのでお勧めできません。
どうしても退屈がるなら、TVの方が安全ですね。

あと、お湯の温度には気をつけて下さい。
熱過ぎて火傷しちゃったら意味ないですからね。
最初は温めにして、少しずつ反応を見ながら熱い
お湯を足していきます。
そして、冷めたらまたお湯を足して下さい。
足す時にも、火傷に気をつけて下さいね。

そう言う意味では、バケツは口が広い物の方が
安心かもしれません。

足湯は、発熱や咳、鼻水に特に効果があります。
あと、アトピーの子は体温が低めなので、足湯で
冷え取りをするといい、と言う話も聞きます。

効果を上げる為に入浴剤や塩、アロマオイル等を
入れるのもいいですね。
鼻水鼻詰まりの場合は、ミント系の物が鼻通りが
よくなっていい感じです。


やっている間は、お子さんの体調をよく観察して
あげて下さいね。
やり過ぎると疲れてしまって逆効果です。
嫌がるようなら、無理をしてやらない方がいいです。

また、何度も書きますが、火傷には十分気をつけて
あげて下さい。


簡単にまとめると
・くるぶしよりも2~3cm上の深さで
・少し熱めのお湯(40~43度くらい)で
・大人は8~10分、幼児は5分ほど、赤ちゃんは2~3分
・足が赤くなったらOK
・少しずつコップ一杯の水を飲む
・火傷には要注意

必要な物としては
・お湯を入れるバケツ(安定感のある物)
・イス(我が家では踏み台)
・お湯(足し湯用のお湯も結構必要)
・タオル(足を拭く用)
・コップ一杯の水

あと、あったらいい物としては、
・新聞紙かバスタオル(濡れ防止)
・タイマー(あると便利)
・入浴剤やアロマオイル等(効果を高める)

こんな感じですね。
バケツでなくても、条件に合えば何でもいいです。
我が家も最初は、使っていないプラ製のくず入れ
でした(笑)


じっとしているのが嫌いなお子さんには難しいかも
しれないので、そんな場合は、お風呂場でタライで
お尻から下をお湯に浸ける、でもいいと思います。

足湯は血行を促進して体調を整え、軽い風邪くらい
ならこれですっきりしちゃう事もあります。

また、足(下半身)が冷えていると、血液も冷えます。
血液が心臓に戻る際、冷えた血液が内臓を冷やして
お腹の不調を招くので、お腹の具合が悪くて下半身が
冷えている時にもお勧めです。

また、赤ちゃんの夜泣きにも効果があるらしいので、
寝る前に足湯してあげるのもいいですね。

この足湯はお風呂とは別に行って下さい。
目安としては、朝晩2回ですが、具合が悪い時は
増やしてもいいし、嫌がるならしなくてもいいです。

毎日やらない方がいい、という考え方もあるので、
私は具合が悪そうな時、鼻水が酷い時、中耳炎の
時、手足が冷えている時にやる様にしています。

足の裏にはたくさんのツボがあります。
足湯は身体を温めるだけでなく、足にあるツボも刺激
してくれます。
生理不順なんかにも効くので、、産後調子が悪いママ
にもお勧めですよ。
始めは面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば簡単
に出来ますし、とても気持ちがいいです。

これから益々寒くなる季節です。
足湯で身体を温めて体調を整え、風邪に負けずにこの
冬を乗り切りたいと思います。




励みになりますので、よかったら押して下さい。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ

関連記事


病気や体調に関する事 | 【2014-12-08(Mon) 21:17:08】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。